計画返済による債務者が行なう債務を返済する手段とは

計画返済とは、クレジットカードや消費者金融の利用で生まれた借金を計画的に支払いしていくものです。主に債務者が自ら計画を立てて返済する場合もあれば、おまとめローンなどで借金を金融機関1社にまとめることで、その金融機関が返済の計画を組み立てくれるものもあります。

必要な理由としては、無計画的に利用してきたことで債務が膨大化してしまい、複数の金融機関から借金を行って別の金融機関に返済を行うといった、自転車操業に陥る多重債務状態になってしまうからです。

計画返済を行うタイミングとしては、自転車操業に陥る以前に行う事で完済を目指すことが理想的ですが、遅い人であれば金利が膨れ上がっている状態になるので、計画が組みづらい状態になるケースもあります。

法律上でも計画返済が行われており、裁判所を挟んで債務者と債権者が話し合いで解決する、債務整理と呼ばれる手段がありますが、特定調停の場合には裁判所を挟んで債務者と債権者が話し合うものであり、債務者はスケジュールを組まれることで返済を行います。

任意整理は弁護士に任せることで、債権者と弁護士がスケジュールを組むものです。利息の再計算などが行われるので債務の負担は軽減されますが、弁護士費用などの問題があります。

最後に個人再生と呼ばれるやり方では国が債務の一部を支払えば全ての債務を解消してくれるものであり、自己破産手前の手段として利用されます。当然ながら、債務整理を行えば信用を失うことになるので、新たにクレジットカードや消費者金融を利用する場合には申し込みが拒否される可能性があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ