継続的売買契約による解約に関するトラブルとは

継続的売買契約とは売買契約の一つであり、継続的に商品を購入してもらうことを条件に契約を結ぶことです。これは雑誌の定期購読や食事の配達サービス、新聞の購読、商品の購入以外にも英会話教室やインターネットサービスなどのサービスを受ける事も当てはまり、契約を結ぶことで長期的なサービス利用が可能です。

それと同時に、企業側は安定した収益を見込むことが出来る手段として利用しています。顧客側が不必要だと感じてしまった場合には、契約を打ち切れば支払いも定期的に送られてくる商品などもストップさせることができるのです。

多種多様な支払い方法が用意されており、現金や銀行振り込み、コンビニ払いなどがありますが、定期的に購入することを前提としているので、毎月の支払いがわずわらしいと感じる場合があります。

そこで登場するものがクレジットカードであり、クレジットカードで決済を行えば支払日には自動的に引き落とされる仕組みから、わざわざ支払いを行う手間を省いてくれます。

クレジットカード決済でのトラブルが多数存在しており、自動で支払いが行なわれることから、解約の手続きを行ったにも関わらずに利用料金が発生していたり、インターネットサービスだと解約のやり方が分からない状態で常に利用料金が引き落とされているなど、解約に関するトラブルの実例が多く存在しています。そのため、申し込みの段階で注意しておくべきポイントを押さえることが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ