決済口座とクレジットカードの関係性とは何か

決済口座とは、クレジットカードや公共料金、税金などの銀行口座を利用した自動引き落としサービスを利用する際に決済する銀行口座のことです。給与の受け取りや預金のために開設したメインバンクを指定する人が多いのですが、使い分け方もさまざまで、預金や支払いのために利用する銀行口座としてサブバンクを使う人もいます。

このようなサブバンクを利用する場合には支払日に入金をしておくことが重要となり、もし支払日を過ぎてしまった場合には遅延損害金が請求されたり、督促状が送られたりする危険性があるからです。

決済口座を分ける理由なども人それぞれですが、クレジットカードの場合には発行会社と銀行が同じ会社やグループであればメリットが生まれるので、メインバンクと別に分ける場合があります。

例えば、クレジットカードを新規発行する条件としてコンビニATMなどを操作した際には手数料が発生しないことや、クレジットカードに搭載されているキャッシング機能をインターネットで申し込んだ際に、24時間いつでもすぐに振り込みが行われるなどのサービスが充実しており、顧客の囲い込みが行われているからです。

このようなサービスを充実させることで、メインバンクの乗換えなどが期待されています。特にインターネット系の企業であれば、インターネット銀行の立ち上げからクレジットカードの発行までを行えるので、新興企業らしい利用者を増やすサービス内容として展開が行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ