月賦販売による高額商品の購入方法とクレジットカード

月賦販売とは割賦販売の一つであり、商品代金を分割払いで購入し、毎月一定額を納めて返済を行うやり方です。多くの割賦販売では月賦による支払いが多く、2ヶ月以上3回払い以上の支払いがクレジットセールスのルールになっています。

そのため、クレジットカードを利用した分割購入から金融機関を挟んでの分割購入までこのルールで行われており、毎月の支払日に商品代金の一部を支払い、これが完済すれば所有権を得ることが出来るのです。

この割賦販売では2つの金融機関から立て替えてもらうことで成り立つ販売法で、2者間契約であれば販売店舗から立て替えてもらうことになります。

これは消費者と販売店舗だけの契約であり、手数料なども店舗側が決めることが可能なので、無料になる場合もあれば、クレジットカードで分割購入するよりも高い手数料が発生する場合などもあります。3者間契約では消費者と販売店舗の間に信販会社が介入するもので、信販会社が商品代金の立て替えを行ってくれます。

そのため、商品購入後の取引に関しては販売店舗は外れることとなり、信販会社が設定した手数料の範囲で返済をすることになるのです。

割賦販売でもこのような違いがあり、対象となる商品やサービスを行う店舗などで対応が異なります。また、クレジットカードで商品を購入する場合にはクレジットカード会社が介入する形となるので、消費者はクレジットカード会社に向けて返済を行う必要があるわけです。これにより、高額商品を簡単に購入できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ