現金自動支払機による銀行引き落としサービスとは

現金自動支払機とはキャッシュディスペンサーと呼ばれる機器で、キャッシュカードを使うことで銀行に預けている預金を引き出すことが可能です。

類似する機器としてはATMがありますが、ATMでは振り込みから払い出し、残高照会まで行うことが可能ですが、キャッシュディスペンサーの場合には残高照会と払い出ししか行えないので、銀行口座から引き出すだけの役目を持つ機器になります。

一昔前までは地方銀行などがスーパーなどに設置を行っており、買い物に必要な現金が足りない場合に引き出すために利用されていました。

昨今では、自社のATMを持たないインターネット銀行やクレジットカードのキャッシング機能などにも多種多様の使い道が増えてきたことから、コンビニエンスストアを始めスーパーマーケットやショッピングモールなどでも複数の金融機関に対応したATMが設置され始めたので、キャッシュディスペンサー自体を見かけることが少なくなりました。

そのため、地方銀行が展開を行っているものでしか見かけることがなく、徐々に台数も少なくなっています。

キャッシュディスペンサーには、主にオンライン型とオフライン型があり、オンライン型はATM同様にネットワークに接続されているために、他社の銀行でも利用が可能で、預金状況を管理しているコンピュータにアクセスを行うので、通信コストなどの問題があります。オフライン型は通信を行わない代わりに自社銀行しか使えませんが、通信コストが発生しないので設置しやすいというメリットがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ