口座アクセスカードによる決済手段と海外事情とは

口座アクセスカードとは預金口座と連動したカードで、商品の購入やサービスの提供の際、代金を支払うときに預金口座の残金から支払うことができるものです。

一般的にはデビットカードと呼ばれており、日本では銀行が発行するキャッシュカードにこの機能が搭載されていることから、対応する加盟店で買い物を行う際には、わざわざ現金を持ち歩かなくてもクレジットカードのようにキャッシュレスで決済を行うことができます。

海外では加盟店のレジから現金を取り出す機能も搭載されており、ATMにわざわざ赴かなくてもその場で使うことで、手数料無料で現金を手に入れることも可能です。
日本ではキャッシュカードを所有している利用者の中には、知らず知らずのうちに所有しているケースもあります。

加盟店が多くあったとしても利便性の問題からクレジットカードの利用者が多い実情があり、デビットによる決済手段があることすら知らない人も多くいます。そのため、稼働率としても低いものであり、CMなどの広告も行われていないことから、あまり知られていない決済手段です。

海外では現金の取り出しなどが可能になり、申込時の審査などがなく、利用時に銀行口座の残高から即下ろされる仕組みなので、無理な使い方による多重債務になる恐れなどもありません。貧困の差が激しく、クレジットの審査に落ちてしまう人が多いなどの問題を抱えているので、一般的な決済方法として私生活に定着しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ