口座管理によるクレジットカードなどの支払い問題

世の中には銀行口座を複数所有している利用者などがいますが、そのような人は口座管理を徹底しておく必要があるでしょう。これは複数の銀行口座を使い分ける事で、混乱を防ぐ役割があります。

例えば、自動引き落としサービスがあるクレジットカードや携帯電話の料金、公共料金などをそれぞれの銀行口座で管理する人がいますが、この場合だと支払日などがややこしくなってしまい、混乱を招いてしまいます。

このような自動引き落としサービスをメインバンクに集中させてしまえば、給料の受け取り分から各種支払いに自動対応させることで、この問題は基本的には回避することが可能です。しかし、支払いサービスの中には指定銀行の口座でないと、別途手数料が発生する場合があるのです。

また、各金融機関ではメインバンクとしての利用を増やす目的で、クレジットカードには指定した銀行口座を利用することで、ポイントが倍増するなどの様々な特典をつけています。中にはお得さのために使い分けている利用者も珍しくはありません。

そのため、支払い遅れなどが発生しないように、支払日の確認やどの銀行を利用するのかを把握する必要があり、メモを行うことで対処することになります。

最近ではインターネット上で家計簿をつけるサービスが展開されており、その電子家計簿に口座管理の項目が登場し、利用者の振り込みに対する認識を高めると同時に、支払先の複雑さから招く金融事故を未然に防ぐことが可能になりました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ