口座自動振替による支払いの自動決済の利便性

口座自動振替とは、銀行口座を利用した自動決済サービスの事で、クレジットカードや電話代、光熱費などの公共料金、年金保険料や税金などの支払先として銀行口座を設定することで、自動で支払日に引き落としてくれるものです。

多くのクレジットカード会社が銀行口座による自動振替で対応していることから、クレジットカードを持つためには銀行口座が必要になっています。

その他の公共料金や税金、年金保険料などは銀行振り込みやコンビニ払いなど、直接店舗に赴くことで支払いが可能になっており、この店舗に赴く手間を省く決算手段として利用されています。
継続的に支払うものになるので、利便性の高さが特徴です。

振込用紙が不必要になるので、ペーパーレスによるコスト削減や集金スタッフなどの訪問集金を行わないことで、大幅な人件費削減として採用している企業や地方自治体なども多く登場しており、クレジットカードに関しては明細書までもインターネットで閲覧できることから更なる経費節減策として行われています。

口座自動振替を申し込む場合には、銀行の口座情報と銀行印が必要になり、本人が引き落としてよいとする証明として銀行印を押さなければなりません。もし、銀行印が違っていたり紛失したりする場合には、本人が認め印を押していないことになるので、自動引き落としサービスを利用することが出来ず、手続きが滞っている場合にはコンビニ払いなどで対処されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ