公証人の役割とトラブルを解消する手段とは

公証人は公証役場にいて、公権力を使って執行を行っています。強い権力を持つことから、実務経験がある法律実務家が法務大臣の任命により選ばれており、例えば遺言や離婚、金銭消費賃借契約などを裁判で有効な書類として認めさせることが可能です。

そのため、遺言や離婚、金銭の貸し借りでトラブルになった際には、遺言であれば遺言書を有効なものにすることで死後のトラブルを解消したり、離婚であれば親権争いなどのトラブル、金銭の貸し借りであれば契約書を認めさせるもので、後々裁判が発生したとしても有効な書類にすることが出来ます。

公正証書もこれに該当する書類であり、約束事などを記入しておき認められれば、法的に有効な書類になります。そのため、後で借りていたお金を返す旨を書き記せば、のちに裁判になったとしても返還しなければなりません。

このような業務を行っている人を公証人と呼び、会社を設立した際にも認証を行ったり、契約書や督促状などを有効な書類として認める業務を行っています。

これにより様々なサービスの規約書や申込書は法律的にも有効なものになり、規約などを破った場合に行われる処罰なども認められているので、クレジットカードの乱用が原因で会員権が停止してしまった場合でも、法律的には認められている範囲での行動だと判断されがちです。

意義がある場合には裁判所などで争うことになりますが、申し込む際に同意が求められるクレジットカードの利用規約は認められているものになるので、負けてしまうのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ