公正証書の法的効力と作成する理由とは何か

公正証書とは、法的に認められた約束事を記載した書類のことです。公証人によって作成が行われ、双方の同意によって有効になります。これによりトラブルを未然に防ぐことが可能であり、裁判などが行われたとしても法的に有効な書類として処理されます。

例えば遺言書を作成するにあたって、財産の分け前などを記したものや、離婚に伴う慰謝料や教育費の支払い、土地や建物などに関する契約や賃借などが挙げられ、後にトラブルが発生しそうな書類を作成することで、対応を行います。

金銭の貸し借りについては、作成が契約時であれば有効なものになります。友達や親戚にお金を貸して、返済をしてもらえないからといって、後日に公正証書を作って返済を請うことは出来ません。そのため、契約時が重要なポイントになり、お金を貸す時点で役場に赴いて作ってもらわなければならないのです。

利用者が多いものとしては離婚に関する慰謝料や教育費の請求などがあり、事前に夫婦が問題が発生した場合の約束事を行なうので、誰が支払うのかなども詳細に決めることができます。これにより後から支払いを拒絶した場合には、裁判を起こすことで有利に展開を持ち運ぶことが可能です。

公正証書は公証役場の公証人によって作られ、役場に保存されています。双方の同意の確認が行われてから保存されるので、片方が約束を破るために破棄しようとしても、厳重に管理されているため手を出すことが出来ず、法的効果を持っているので、有効な武器として法律で守られているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ