コーポレートカードで会社での経費をクレジットカードで管理

コーポレートカードとは、法人向けに発行されるクレジットカードの事であり、主に大企業に向けてサービスが行われています。金融機関によっては中小企業や個人事業主にはビジネスカードと言う名称で発行が行われており、利用金額の限度額や発行枚数などに違いがあります。

個人向けクレジットとの大きな違いとしては、法人向けということになり、社員一人一人に渡されることを前提にしています。使用した料金の請求先は企業になります。例えば、社員が出張に行くための交通費や宿泊費、取引先相手との交際費など、企業活動の中で必要な支出を、経理担当者が簡単に把握しやすくするために導入が行われています。

何に利用したのかも把握できるので、企業活動に関係のないプライベートでの買い物などに利用されていないかチェックすることが可能です。
コーポレートカードを発行してもらうためには条件をクリアする必要があり、会社設立から3年間は経過して、2年間黒字を出していなければいけません。

そのため、起業を行ったからすぐに発行してもらえるものでもなく、条件をクリアしたとしても会社の経営状況により与信枠なども設定が行われるので、個人でクレジットカードを所有するよりもハードルが高くなっているのが特徴です。

個人よりも大きな金額を動かすので、信用が出来ると判断された会社でないと作ることが出来ません。しかし、カードが作成されれば会社の経費の管理などが簡単になり、営業車があればETCカードなども発行が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ