小切手による決済手段のメリットとデメリット

利用者が必要な金額を記入しておけば、預金口座から記入した金額分を支払うと約束をした証券を、小切手と言います。これにより支払いを行うことが可能で、受け取った側は後日銀行に赴いて、該当する預金口座から現金を引き出すことで決済が完了することになります。

主に富裕層や企業などが利用する決済手段であり、利用するには銀行で口座開設を行うために契約が結ばれ、審査も行われます。そのため、誰でも利用できるわけではなく、日本では個人が利用する場合には審査内容が厳しいことからほぼ不可能とも言われており、主に企業が取引に使うために利用されているものになります。

小切手で決済を行った場合に、もし口座に金銭が入っていなかった場合には企業の信用を失うものになり、半年間で2度もこのような事態が発覚すれば、銀行取引停止処分が下されることになるのです。この情報は全ての銀行に通達が行われるので、全ての銀行との取引が停止します。

当座勘定や貸出取引が利用できなくなるので、資金調達が行えないことから事実上の倒産と言われる状態になり、自社で資金回収が出来なければ倒産をしてしまいます。このような事態を避けるためには、支払期日を守ることが重要です。

クレジットカードや商品券、プリペイドカードなどの多種多様な決済手段がある中で、個人での利用は海外でも減少しており、利便性の高いクレジットカードが登場しているので、小切手は使い勝手としてあまり注目はされていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ