顧客管理によるクレジットカード会社のサービスとは

クレジットカード会社では、長期的に顧客との関係を築くために顧客管理と呼ばれるデータを管理しています。これはクレジットカードを申し込む際に記入した、氏名、住所、職業、年齢、年収などであり、さらに利用状況や返済状況、信用状況といった、利用を開始してからのデータも含まれています。

これにより、例えば利用回数が多く返済状況なども健全であると判断した顧客には、ゴールドなどの上位カードの案内を行います。返済が滞る顧客がいれば、健全ではないので信用が出来ないと判断が行われ、個人信用情報機関にリスクがある顧客であると登録されて、他のクレジットカード会社や消費者金融、銀行などに情報が共有されてしまうのです。

このような情報を扱っているので、ダイレクトメールなどのサービスを行うカード会社も登場しています。ダイレクトメールを発送したい加盟店が依頼を行うことで、顧客情報からピンポイントでターゲットを割り出し、広告を送ることが可能です。

個人情報などの問題から顧客情報自体を渡すことはありませんが、住んでいる地域から性別、年代を絞り込むことで興味のありそうなターゲットを指定することが可能で、会社がダイレクトメールの発行から郵送までをサポートしてくれます。

クレジットカードのデータは決済手段以外にも利用されていることから、徹底された管理体制の元で、高いセキュリティレベルで個人情報流失を防いでおり、利用者は安心して使うことが出来る環境です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ