国際カードの利便性と磁気ストライプによるセキュリティ問題

国際カードは、国内の利用だけではなく、全世界に利用できるネットワークを持つクレジットカードの事です。主に国際ブランドであるVISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、DinersClubなどを搭載しているクレジットカードであれば、全世界にある対応加盟店で利用することが出来ます。

日本で発行されているものの多くには国際ブランドが搭載されており、VISAの場合にはアメリカを、MasterCardはヨーロッパを、JCBは日本人観光客が多いエリアを中心に展開が行われています。国際ブランドの加盟店数などに違いがあるので、滞在先に合わせてカードを選びましょう。

海外でのカード決済は磁気ストライプによる認証が行われる加盟店が多く、日本国内ではセキュリティ向上のためにICチップによる認証が行われています。クレジットカードには利便性の向上から、ICチップと磁気ストライプの両方が搭載されており、ICチップの場合には高いセキュリティを持ちますが、磁気ストライプには高いセキュリティが搭載されていません。

つまり、セキュリティが低い問題があり、磁気ストライプは昔の技術なので、偽造カードが作られやすい一面があります。特に新興国などの小さな店舗や路地裏に潜む店舗などでは、ICチップの導入が行われているケースが少なく、観光客を狙ったスキミング被害の可能性を持つことから、利用を控えておいた方がよいとされているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ