個人破産をしてしまう理由と救済策とは何か

個人破産とは、債務が膨大化したことにより個人の力では返済が行えない状態に追い込まれた場合、裁判所の法的な処置により債務を解消してもらう事です。債務を解消する代わりに個人が所有する財産を没収されることが条件であり、これから生きていくための必要最低限の持ち物だけは守られることになります。

つまり、財産を犠牲にすることで借金をゼロの状態にすることです。クレジットカードや消費者金融などを使いすぎた場合には多重債務者になってしまうので、この状態に陥った場合の救済策です。

法律上では多重債務者の人生をゼロからやり直させるために行われますが、現実ではすべてがゼロの状態になっているわけでもなく、個人破産者としてクレジットカード会社や消費者金融、銀行などが所有している個人信用情報ではマイナスからのスタートとなるので、破産後の7年から10年間は融資を受けることが出来なくなってしまいます。

この情報の保存期間は金融機関によって異なるので、破産後の申し込みに対する審査基準なども異なります。官報という国の機関誌に住所と氏名の掲載が行われ、保証人になっている人にも迷惑をかける場合があるので、借金がゼロになるメリットの代わりにデメリット面が大きく、気軽に行えるものでもありません。

このような事態を避けるためにも、クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービスなどは計画的に利用すべきであり、破産に追い込まれないような使い方が理想的になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ