コマーシャルカードと呼ばれるクレジットカードの実態とは

コマーシャルカードとは、ビジネス上で利用するカード全般の名称であり、大企業の社員が利用するコーポレートカードや中小企業の社員が利用するビジネスカードなどが該当します。これらのクレジットカードは会社向けに発行されており、支払い請求も会社へ行われています。

社員一人に対して一枚ずつ発行できるので、経費で支払われる決済はこのクレジットにて行われることになります。

コーポレートカードとビジネスカードの大きな違いは、勤めている会社の規模の違いにあります。大企業であればそれなりの資産を所有しており、取引や交際費など出費が多い場合がありますが、中小企業の場合には大企業のような使い方が想定されておらず、ビジネス上で利用したとしても大金があまり動かないことを想定しているので、与信枠に大きな違いがあります。

このように区別が行われ、与信枠以外にも保証サービスなどの充実度が異なるのです。
ビジネス上での決済に利用する利点があり、出張や企業同士の会合などの会社都合で経費が発生した場合に、会社の財務担当者が簡単に状況を把握するために導入が行われています。

そのため、わざわざ自分の出費として現金で立て替えて後日に財務担当者に請求を行う手間を省くことが可能であり、財務担当者としても何に使ったのか把握することが出来るので、社員がプライベートで買い物を行ったとしても早期に発見することが可能なのです。精算なども容易に行えることから利便性の高さが特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ