コミュニティカードを使った地域活性化の動きとは

コミュニティカードとは地域に密着したカードのことで、商店街で利用されるポイントカードや行政サービスを受けるためのカードが該当します。地域によって種類などは異なり、その地域に住んでいて利用することで高い価値を生み出すことが可能です。

これにより商店街などの集客率につなげたり、過疎地域では人を呼び込むための媒体としての役割があります。主に町の商工会議所や中小企業団体中央会が中心となって働きかけており、地域から愛される決済手段の導入が行われています。

電子マネーなどでは交通系電子マネーが該当し、これは全国の鉄道会社が独自に発行しているので、駅周辺にはその該当する鉄道会社の電子マネーが利用できる環境が作られています。最近では相互利用の対応によって、他社の鉄道会社の電子マネーも利用できるようになりましたが、以前では限定された地域でしか利用できませんでした。

クレジットカードではアフィニティカードが該当し、これは大学や趣味の同好会、地域などが提携カードとして発行することができます。絵柄にはご当地キャラなどが印刷されており、独自のポイントサービスや割引サービスなどを受ける事が可能です。

このような働きにより、密着型の決済手段が生まれている現状があります。町によっては不況や住民の高齢化による過疎などで町に活気が失われていることから、行政と提携を行うことで、活性化に向けて住民を巻き込んだ活動の一環として動いているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ