コラテラルと呼ばれるクレジットカードの判断基準

クレジットカードや消費者金融で融資を申し込む際には審査が行われますが、その審査内容の一つにコラテラルと呼ばれる項目があります。これは担保、資産を意味する言葉で、もし返済が滞納した場合に、申込者が所有している資産を債権の回収のために担保にしてもらう事を想定した項目です。

そのため、担保や資産を持たない者がクレジットカードを申し込んだ場合には、返済を滞納したとしても債権を回収する財産を所有していないので、高い評価を得られることがありません。

担保の対象には、不動産、自動車、有価証券、貯蓄などが該当し、クレジットカードや消費者金融は基本的には無担保での融資を行っているので、仮差し押さえなどになった場合の財産確認程度のものです。

コラテラル以外にもキャパシティやキャラクターなどの審査項目があり、キャパシティは財力でどれだけの収入能力があるのかチェックが行われます。キャラクターは利用者の性格についてまじめに返済を行ってくれるのかどうか、過去の金融機関での利用実績を確認することで評価を下します。

これら3つの判断基準は、アルファベットのCから始まることから3Cと呼ばれており、今までの判断基準として利用されているものです。この基準によって審査が行われ、与信枠なども設定されます。例えばフリーターは収入状況に見込みがないことから、審査をクリアしても低い与信枠に設定されますが、大企業の社員であれば高収入が期待できることから高い与信枠に設定されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ