コンビニエンスユーザーと呼ばれるクレジットカードユーザーとは

クレジットカードは分割払い、リボルビング払いを行った場合に金利が発生し、これは金融機関の収入源となるビジネススタイルになります。しかし、金融機関の多くは一括払い、2回払いまでは金利が発生しない設定が行なわれていることから、利用者の多くは、金利が発生しないお得な一括払い、2回払いを主体に利用しています。

このような利用者のことをコンビニエンスユーザーと呼ばれており、一括払いを主体に2回払いなどでクレジットカードを利用しているので、金融機関側からしてみれば金利が発生しないので、収入源が回収しにくい一面もあります。

一括払いはマンスリークリアとも呼ばれており、ユーザーはクレジットカードを分割払いで高額商品を購入する手段だとは考えず、単なる支払い手段として利用しています。

マンスリークリアで商品が購入されたとしても、クレジットカード会社としては収益がゼロになるわけではなく、利用された加盟店から決済した手数料を回収することが可能になります。主に商品代金の1%から7%がクレジットカード会社に支払う手数料になり、これが分割購入やリボルビング払いであれば更なる収益アップが可能です。

クレジットカードの支払い方法としては、夏、冬のボーナス時期に支払いが行えるボーナス一括払いもあります。こちらも金利が発生しないので、利用者が金利を支払わずに高額商品を購入できる手段となっており、高額商品を購入する際にはこのボーナス一括払いを活用するユーザーが多くなっています。当然ながら収益としても大きな収益は見込めませんが、金融機関側としては利用してもらうことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ