CMSと呼ばれるホームページ作成システムとオンラインショップ

CMSとは、インターネット上にあるホームページのテキストや画像などのデータを管理しているシステムの名称で、コンテンツマネジメントシステムの略称です。

2005年頃から普及をし始めており、それ以前はそれぞれのデータをフォルダなどで管理し、画像やテキストを更新する場合には各データを扱う必要性があり、それに伴い知識やスキルなども必要とされていました。このCMSの導入により、特別な知識やスキルがなくてもソフトを使うことで、画像の変更やテキストデータの編集などが行えるようになりました。

特に注目を浴びたのは、ECサイトと呼ばれる電子商取引を目的としたオンラインショップの存在です。これにより店主が特別なホームページ作成の知識がなくても開店することが可能になり、Eコマースと呼ばれるCMSを導入することで、クレジットカードを始めとするインターネット上での決済手段の導入が行えるようになりました。

クレジットカードの場合には、加盟店への加入手続きからシステム導入への投資の問題にまでに対応してくれる代理店などが登場しており、現在では個人のオンラインショップでも代理店が展開しているクレジットカードや銀行振り込み、コンビニ払いなどの決済システムを導入することで、簡単でリスクが少ない決済手段を利用することが可能になりました。

また、オンラインショップ自体を簡単に作成できるサービスなどもあるので、オンラインショップの全てをサポートしてくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ