ジーキャットシステムによるクレジットカードの承認システムと売上げデータ収集

ジーキャットシステムとは、クレジットカードの加盟店に設置されている信用照会端末の事です。加盟店でクレジットカードを利用した買い物が行われる際に、加盟店側はそのクレジットカードが有効かどうかを確かめる必要があり、ジーキャットシステムを使う事で、発行会社のデータベースにアクセスを行い、決済を承認してもらわなければなりません。

紛失や盗難に遭遇し、本人ではない第三者が拾得して不正利用を行う事態を阻止するため、無効になるクレジットカードとしては、利用者が停止の手続きを行ったものや、支払いの不払いが続いたことで会員停止の手続きが行われたものが該当します。

これらのクレジットカードが利用された場合には、商品金額を請求することが出来ないので、加盟店は利用ごとにオーソリゼーションと呼ばれる承認の作業を行う事になります。

また、ジーキャットシステムには、オーソリゼーションシステム以外にクレジットカードを用いて、どのような商品を購入したのかという情報を発行会社が収集しており、顧客の属性からどのような商品が売れるのかを把握する事で、マーケティングへの活用も行われています。

これにより、一定の層をターゲットとしたクレジットカードをどの客層にアプローチを行えばいいのかも把握しています。例えば、スーパーマーケットをよく使う人にはスーパーマーケットで利用できるポイントを付与させ、申込みスペースを店内に設ければ契約者が増える、といった戦略を組み立てることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ