磁気カードとICチップによるセキュリティと使い分け方

磁気カードは情報を保存する媒体として広く用いられ、クレジットカード、キャッシュカードなどに利用されています。背面に磁気ストライプが付加されており、加盟店に設置されているカードエンコーダーを使って読み取ることが可能です。

問題点としては磁気カードは古い技術となるために、スキミングによって偽造クレジットカードが作られやすく、被害に遭遇する確率が高くなるのです。これに対抗する形でICチップが搭載されたカードが登場しており、従来の磁気タイプと比較すれば数百倍から数千倍の情報記憶領域を持つことから、複雑なアルゴリズムによって何重にも計算が行われた数列のデータが保存されています。

これにより、スキミングが行われたとしてもその数字を解読することがほぼ不可能であり、ICチップ自体にも計算処理能力を持っているので、簡単に偽造されることが出来なくなりました。

しかし、加盟店の一部ではICチップの導入が遅れているという実態があるために、磁気ストライプしか使えないリーダーもいまだに存在しているのです。そのため、ICチップと磁気ストライプの両方が搭載されたモデルが、現在も主流となっています。

ICチップによってセキュリティを高めたとしても、磁気ストライプのセキュリティは依然として低いままなので、偽造被害に遭遇する場合も考えられ、特に怪しい店舗など信用が出来ない加盟店での利用は避けておけば、安全に使うことが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ