磁気カードエンコーダーによる様々な磁気カードの読み込み

磁気カードエンコーダーとは磁気ストライプを読み込む機器のことで、磁気カードを利用したサービスが行われる店舗などに設置されています。その多くはクレジットカード加盟店であり、背面に搭載されている磁気ストライプを読み込み、決済を行うために使われています。

他にはキャッシュカードやポイントカード、個人を照会するための診察券や会員証、学生証などにも使われており、決済以外にも様々なサービスで展開されています。

クレジットカードなどでは、お金に関わるサービスで使われていることからセキュリティ面での問題が発生しており、スキミングなどで情報を抜き取られた場合にはコピーが作られてしまう危険があるわけです。

そのため、セキュリティ向上のためにICチップが導入されています。磁気ストライプよりもコストが高くなってしまいますが、複雑に処理されたデータやバイオテクノロジーによって、指の静脈情報などを管理することが可能なので、スキミングが行われたとしても簡単にコピーされることを防いでくれる存在になりました。

しかし、磁気カードエンコーダーの普及の問題から、ICチップを使った決済に対応していない店舗などが数多く存在しており、磁気ストライプで決済を行った場合にはICチップの導入の意味がないものになってしまい、高いセキュリティも作動することがありません。そのため、利用しようとする店舗をよく見て、安全かどうかを判断する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ