磁気カード読み取り機を使う国の事情と日本での対応

磁気カード読み取り機とは、磁気ストライプを搭載したクレジットカードを読み込む機器の事であり、加盟店には必ず設置されています。クレジットカードを利用して買い物を行う際には、加盟店側はこの機器を使って情報を読み込ませ、決済を行います。

クレジットカードが生まれた時期に登場していることから高い普及率を誇っており、経済大国はもちろんのこと、発展途上国などでも利用されているので、海外でのクレジットカードの利用の際にも使われているのです。

昨今ではICチップがクレジットカードに導入されたことで、高いセキュリティを持つことが可能になりました。しかし、セキュリティについては依然として問題点が残っています。

加盟店側もICチップを読み取る機器の導入が必要になるので、導入のコストなどの問題があり、例えばアメリカでは、普及させるコストが高いことや従来の磁気ストライプによる読み取り方式でも利用ができることから、未だに磁気ストライプの読み取り機が使われている現状があります。

日本ではセキュリティレベルを上げるために、ICチップを読み取る機器の導入が早期に行われたので、磁気ストライプよりもICチップによる情報の読み取りが主流です。

そのため、日本のクレジットカードでは必ずと言っていいほどICチップ搭載タイプが発行されていますが、海外での利用の際にICチップが利用できない状況などを踏まえ、磁気ストライプも併せ持てば利便性が高くなったという点が特徴です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ