磁気ストライプと呼ばれる技術のクレジットカード

クレジットカードの情報を管理している媒体として、磁気ストライプがあります。これは背面に搭載されている黒帯の事であり、磁気によってクレジットカードを識別する情報が保存されています。

クレジットカードを利用する際には、加盟店に設置している磁気カード読み取り機を使って情報を読み込むことが可能で、この情報を元にクレジットカードが使用できるものなのか、誰が所有しているものなのかを特定する事で、決済を進める仕組みなのです。

しかし、磁気ストライプは古い技術であり、クレジットカードを狙った犯罪などに巻き込まれる可能性も潜んでいます。簡単にアクセスを行えることから、利用者の目を盗んでスキミングと呼ばれる情報を抜き出す手法により取り出され、偽造したクレジットカードに盗んだ情報を書き込むことで不正利用が行われてしまうのです。

特に新興国や日本国内のキャバクラやスナックなどで行われている犯罪であり、利用者本人が気づかない所で行われていることから犯罪に気付きにくい点もあります。
対処法としてはICチップが搭載されたモデルにチェンジする事であり、ICチップの方が情報を盗まれにくく、セキュリティレベルも格段に上がるものになります。

これによりスキミングによる被害を軽減させることが可能であり、買い物やサービスの利用時に安心して決済を行えるのです。現在では汎用性などの問題から、磁気ストライプとICチップの両方が搭載されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ