磁気ストライプリーダーによる磁気カードの読み込みと問題点

磁気ストライプリーダーとは、磁気ストライプが搭載されたカードを読み込む機器のことです。カード内の情報にアクセスを行えば、顧客のデータを引き出すことが可能です。クレジットカードを始め、会社の社員証、学生証などで利用されています。

磁気ストライプには50文字程度の情報しか入っておらず、これが英数字の文字列であれば個人を示す情報として読み込むことが出来るので、個人を特定することが可能です。

しかし、これはすでに古い技術になっており、専用の機器を使えば簡単に中のデータを盗み出すことができる状況になっていることから、クレジットカードやキャッシュカードではセキュリティの向上のためにICチップが導入されています。

このICチップは磁気ストライプの数千倍のデータ保存領域を所有しており、スキミングなどの犯罪に遭遇したとしても簡単には中の情報にアクセスできないようになりました。

また、キャッシュカードではバイオテクノロジーの導入が行われており、指の静脈パターンをICチップ内に記録しておくことで、ATMを利用した際に指の静脈を読み込む課程が追加され、ICチップ内の情報とATMで読み込んでいる情報が一致するのかどうかで本人確認を行っています。

これにより、セキュリティレベルが格段に向上しましたが、クレジットカードの加盟店などでは未だに磁気ストライプリーダーを利用しており、ICチップが利用できない状況を担っているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ