時効の中断を使うことに対するリスクとは何か

時効の中断とは、借金に対する時効をストップさせることです。借金には時効が存在しており、クレジットカードや消費者金融、銀行などから融資を受けた場合には法人からの融資になるので5年間と決められています。つまり最後の支払いから5年間逃げ回れば、借金を解消することが可能なのです。

しかし、クレジットカード会社や消費者金融、銀行などの債権者はこれを許すわけがありません。そのため、債務者を捕まえて時効の中断を宣言させることで、債務を回収しようとします。

時効は自然消滅を行わず、裁判所の判決によって決められるので、債権者によって捕まった債務者が中断を宣言してしまうと、裁判所の認定も遠のくことになります。このような事態を避けるためにも、クレジットカードや消費者金融、銀行などのサービスを計画的に利用することが重要であり、多重債務者になって債権者に捕まれば裁判で自己破産を行う羽目になってしまいます。

また、個人同士での金銭の貸し借りでも時効は存在しており、こちらの場合には10年間と決められています。

個人同士での貸し借りなので信用などの問題もありますが、債権者から逃げるような状況があったとしても、法人よりも2倍の長さで決められているので逃げきることは難しく、期限を過ぎた場合に債務者自らが債権者に対して借金の時効が過ぎたので支払う義務がない意思を伝えなければいけません。このようなトラブルを避けるためにも、専門家などに相談することがよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ