自己破産者になった場合の大きなリスクとは

クレジットカードや消費者金融を使いすぎたことで債務が膨大化し、収入状況から返済能力が無いと裁判所で認められた人の事を、自己破産者と言います。

自己破産の手続きを行えば、所有している金属や宝石などの動産物から建物や土地などの不動産物などの財産を没収される代わりに債務を解消してくれる法律であり、複数の金融機関からお金を借り過ぎて返済に首が回らない状態になった債務者を助け出す目的で行われます。

しかし、債務が解消したことで人生をゼロからスタートさせることが可能ですが、自己破産を行ったことは消せない事実であり、クレジットカード会社や消費者金融から信用が出来ない人間として、個人信用情報機関に登録が行われてしまいます。

そのため、自己破産後に新たにクレジットカードや消費者金融に申し込みを行ったとしても断られてしまい、信用問題に関してはマイナスからのスタートになります。7年から10年は情報が残っている状態になりますが、この信用情報には時効が存在しており、この期間以降では新たにクレジットカードや消費者金融への申し込みが可能です。

これにより過去の金融事故などは解消され、新たなる気持ちで利用できるのです。
このような事態を避けるために、クレジットカードや消費者金融では自分の返済能力を考えながら、計画的に利用することが前提であり、自己管理が重要になります。多重債務に陥る場合には金銭感覚が麻痺してしまうため、無理な利用手段が目立っているわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ