資産力によるクレジットカード、消費者金融の審査の違い

資産力とは、個人の収入状況などの資力のことです。クレジットカードや消費者金融に申し込む際には3Cと呼ばれる3つの要素があり、性格、資産、そして資力があります。
性格は返済に対する対応であり、返済を支払日にきちんと支払ってくれるのかなどで、資産は所有している財産を表します。

不動産や貯蓄などの状況を見ることで、返済に困った際には担保として回収できるので、審査の対象になります。資力に関しては収入状況の事であり、どれだけの収入があるのかで利用できる与信枠の設定が行われます。

例えばフリーターの場合には、収入状況が安定しておらず資力が低いものだと判断されるので、与信枠は最低額の10万円に設定されることがあります。正社員で勤めている場合には、ボーナスなどの見込みから毎月の収入が平均的に高く、返済能力があると判断されるので、与信枠が大きくなります。

当然ながら、中小企業に勤めている場合と大手企業に勤めている場合とでは審査の判断に違いがあるので、大手企業に勤めている人の方が与信枠が大きく設定されるのです。

クレジットカードや消費者金融の審査の基準としても、資産力は注目される要素の一つであり、金融機関側も返済が出来ないリスクのある顧客にはあまり融資を行わないので、高額での使用を行う場合には収入状況を高めておかねばなりません。

この収入状況が大きければゴールドカードなどの上位ランクのクレジットカードを利用することが可能になり、保険サービスなどの恩恵を受けることが出来るというわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ