指定役務と呼ばれるサービスを提供する業種とは

指定役務とは有料で行われるサービスの事であり、裁判の書類ではこのような表記になります。同様に、指定商品であれば購入した商品、指定権利であれば有料のサービスを受けるいわゆる顧客側のことを指します。そのため、指定役務は美容院やスポーツ施設の管理、リフォーム業者や学習塾の運営者などが該当するわけです。

主に割賦販売において申込用紙などに記載されているもので、割賦販売とは分割で商品の購入やサービスを受ける商品のことを指します。特に学習塾や英会話教室などではクレジットカードによる支払いや割賦販売を行っていることから、このような名称で指定役務を提供する企業側と、指定権利を得る利用者側と使い分けられているのです。

商標登録を出願する場合でもこの名称で提出することになり、サービスを行う企業の名称やロゴを登録する際にはこの名称を使うことで、商品の名前なのか、サービスの名前なのかを表すことになります。

そのため、家電量販店のロゴや名称、自動車会社のロゴなども、商標登録を行う際には、手続きに必要な名称として提出が行われているわけです。
このように法律上でのサービスの名前として利用されています。

裁判や商標登録などの正式な書類審査などで使われており、クレジットカードのサービスも該当することから、利用規約に記載されています。そのため、どの名称が何を表すのかを頭に入れておいた上で利用規約などを読むと、どのようなルールで成り立っているのか把握できるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ