指定口座でクレジットカード決済の自動引き落とし先を決めること

指定口座とは、クレジットカードを申し込んだ際に自動引き落としのために指定した銀行口座のことです。申込用紙には講座の情報と銀行印が必要となり、クレジットカード会社は利用した金額の請求を行うために、これらの情報を元に設定を行います。

クレジットカード以外では、電気代や水道代などの公共料金から携帯電話の利用料金、税金の納税や年金の支払などでも、指定口座に対応しています。
指定口座のメリットとしては、決済を自動で行ってくれることにあります。給与の受け取り先に指定しているメインバンクであれば、決済に対して手間をかけることなく、支払を終えることが可能です。

しかし、クレジットカードと銀行との提携サービスなどによっては、クレジットカードの決済だけをメインバンクではなくサブバンクで行う利用者もいます。この場合には支払日までに入金を行わないといけません。

このように銀行口座を使い分ける事は利用者によって理由は異なりますが、支払とメインバンクを別々にしたい場合や預金専用の口座、メインバンクと使い分ける場合などがあります。

特にクレジットカードとの提携サービスなども登場しており、例えば銀行が発行するクレジットカードを所有していればATMでの操作で発生する手数料が無料になったり、キャッシング機能を使えば即座に入金が行われたりするもので、深夜などで現金が必要な場合には効果的なサービスとなっているのです。これらを利用するためには、銀行口座などにも諸条件があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ