指定商品として指定される割賦販売における商品と法律の改正

指定商品とは割賦販売法において、割賦販売で購入できる法律上で指定された商品のことです。これにより、割賦販売で購入できる品物は限定されており、法律上で指定されていない商品を割賦販売にて購入することが出来ませんでした。

指定商品としては衣服や履物、書籍、寝具、テーブルなどの日常生活に必要な物から、農業用トラクターや映画機械器具、医療用機械器具などのビジネス上で必要な物までが一覧に記載されており、分割で購入出来る対象になります。

現在では2008年に法改正が行われたことで、指定商品の廃止が行われ、クーリングオフ等になじまない一部の品物を除いた全ての商品で割賦販売による購入が行えるようになりました。割賦販売は商品代金を分割し、毎月の支払いにて代金を収めていく販売方法になります。

これにより、自動車やコンピューターなどが比較的に購入しやすくなり、品物の流通を円滑にし、経済の発展を目的に行われています。そのため、ルール作りなども行われており、法律上で割賦販売法として施行されています。

以前は対象外の品物を分割にて支払いたい場合には、クレジットカードを使うことで、代金を分割で支払うことが可能でしたが、現在では、品物単体にて分割購入の契約を行えるようになったので、以前よりも利便性の向上が行われていますが、既に契約が行われているクレジットカードで分割を行ったほうが、スムーズな買い物が行えることから、高額ではない品物で使われることはあまり行われません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ