自動引落しによるクレジットカード利用料金の支払い

自動引落しはクレジットカードの支払い手段の一つで、申し込みの際に引き落とし先の銀行口座を指定しておくことで、クレジットカードの支払日に銀行口座に入っている金額から、利用料金だけを引き落とすことが出来るシステムです。

そのため、支払日までに利用料金分を預け入れておく必要があり、もし、預け入れていなかった場合には引き落としが完了できないので、未払い状態になります。この場合にはクレジットカード会社から連絡が行われるので、新たに設定された支払日までに入金しなければなりません。

給与を受け取るメインバンクに指定している場合には、わざわざ支払日を意識しなくても自動で引き落としてくれるメリットがあり、支払う手間が発生しません。これにより支払い忘れなどのデメリットが解消されます。しかし、明細書を見ない限りは、どのくらいクレジットカードを利用してきたのかを把握することが出来ません。

自動引落し以外の支払い方法としては、金融機関によっても異なりますが、コンビニ払いにも対応が行われている会社も存在しており、こちらの場合には支払日までに郵送されてきた振込用紙を使って、利用料金を支払うことになります。

コンビニのレジで現金による支払いを行うので、どのくらいの金額を利用してきたのかを把握することが簡単です。
多くのクレジットカード会社では、銀行口座による自動引落しが採用されているので、利用する場合には銀行口座を作ることが前提です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ