支払回数を決めることでクレジットカードでの買い物はどう変わるのか

クレジットカードには支払回数を決めて購入する方法があります。これは分割購入と呼ばれるもので、例えば10万円の商品を購入する際に一度に10万円を支払う事が難しい場合には、5回払いと回数を決めることで毎月の支払いが2万円ずつの支払いで返済を行い、一度に支払うよりも数回に分けて支払う事で月々の支払いに対する負担も軽減されます。

分割購入する際に注意すべきポイントとしては手数料であり、多くのクレジットカード会社では一括払い、2回払いまでは手数料を無料としていますが、3回払い以降から手数料が発生し、支払期間が長ければ長いほど手数料の割合が大きくなっていく仕組みになります。

そのため、利用者は高額商品を購入する際に、手数料を払ってまで月々の支払い負担を軽減させる選択肢が与えられるのです。クレジットカード利用者の大半は手数料が無料となる2回払いを選択する人が多く、クレジットカードをお得に利用する手法としても活用されています。

支払回数を決めて商品を購入できる仕組みから、貯金がなくても欲しいと思った瞬間に高額商品を購入する事が可能になるので、気軽に使えてしまいます。その反面、高額商品を簡単に買えてしまう事から、金銭感覚が狂ってしまう恐れなどもあります。

明細書を見ない限りは支払額などを把握しづらいものであり、現在の返済額を把握できないことから多重債務者なに陥ってしまう恐れなどもあるので、計画的に買い物を行わないといけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ