支払期間を守ることの重要性と信用問題への影響

支払期間とは、あらかじめ決められていた期間に支払を行わないといけないものであり、その多くはコンビニ払いや銀行振り込みなどの決済を行う、公共料金やクレジットカードなどが該当します。利用者はその期間内に振込用紙を持って支払う義務があり、もし期間が過ぎてしまった場合には遅延金が発生します。

クレジットカードの支払手段の大半としては、銀行口座を利用した自動引き落としサービスが利用されており、支払日に銀行口座に入れている残金から引き落とされる仕組みになります。これにより利用者が特別な操作などを行わずに利用金額分だけが引き落とされるので、手間はほとんど発生しません。

また、支払期間はインターネットショッピングなどの通信販売でも利用されています。クレジットカードで商品購入を行う場合には先に決済手段が確保出来ていますが、銀行振込みやコンビニ払い、ペイジーなど商品が発送される前に入金を済ませておく決済手段の場合には、支払期間が設けられており、これを過ぎてしまうと商品購入のキャンセルが行なわれるので注意が必要です。

このような事態があるので、期間を守って支払を行うことが大切であり、クレジットカードの場合には信用問題にも発展してしまいます。

クレジットカード会社によっては一度の滞納で利用停止に陥る場合もあり、個人信用情報機関に登録が行われることにより、他の金融機関の申し込みや既に利用している場合には、こちらのサービスにも影響を与えてしまうのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ