支払期日を守ることの重要さと守らないことのデメリット

クレジットカードの支払期日とは、締め日までに利用した金額をまとめて請求される日のことです。利用者がこの期日を守れば、クレジットカード会社からの信用を得ることができます。しかし、期日を過ぎても支払いを行わなかった場合には、滞納と見なされて信用を失う羽目になるので、注意が必要です。

最初の期日を過ぎた場合には、クレジットカード会社から電話連絡が行なわれ、新しい支払期日の設定と遅延損害金の発生が伝えられます。これを何度も繰り返してしまうとブラックリストに記載され、要注意人物として扱われます。

これにより信用を失ってしまうので、個人信用情報機関にて登録が行われます。最悪の場合、裁判所で調停申し込みが行われることで、司法の元で強制差し押さえなどが行われ、財産を没収される事態になるのです。

また、個人信用情報機関に滞納している情報が登録されるので、他社の金融機関でも警戒を行うようになり、既に利用している他社のクレジットカード会社や消費者金融があれば、リスクを負いたくないことから利用停止などの処置を行う場合があります。

このように支払期日を守らない場合には多くのデメリットを負うことになり、メリットもありません。将来の信用を築くために、クレジットカードや消費者金融の支払日を守る重要さについて、改めて認識しなければなりません。また、期日を守るために、他社からの借金で返済することなどは多重債務に陥る恐れがあるので、計画的に使うことが重要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ