支払口座によるクレジットカード利用料金の支払い

クレジットカードの利用料金を支払う場合に使われるのが、支払口座です。これはクレジットカードを申し込む際にあらかじめ銀行口座を設定しており、支払日には、指定した銀行口座から利用料金分だけを引き落とす仕組みになります。

そのため、支払日までに利用料金分を入金しておく必要があり、もし、支払金額に足りなかった場合には連絡が行われ、後日に新しく支払日が設定されます。

支払口座も、人によっては設定する銀行口座などが異なるものであり、給与を受け取るメインバンクを設定する場合には、入金を行う必要がありませんが、支払いのために設立したサブバンクを利用する場合には、入金を行う手間が発生します。

また、銀行によってはクレジットカードを発行している金融機関も存在しており、クレジットカードと銀行のサービスが直結している場合があります。

例えば、クレジットカードのキャッシング機能を使う場合に、インターネットを使う事で即座に同じ金融機関の銀行口座に振り込みが行われるなどのサービスがあり、他の銀行宛てだと、営業時間にならない限りは振り込みが完了しないのに対して、自社だと24時間対応で行われるので、指定先を決めるにしても、利用者それぞれの理由があるわけです。

クレジットカード利用料金の支払い方法として、稀にコンビニ払いなどがありますが、基本的には口座を利用するものであり、クレジットカードを使う際には開設しなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ