支払手段の多様化による店舗の対応とクレジットカード

買い物を行う際の支払手段の多様化が行われており、現金以外でもクレジットカードやデビットカード、電子マネーや小切手などによる決済が可能になりました。
これにより現金を持ち歩かなくても、キャッシュレスでの支払いを行うことが可能です。

特に最も使われる手段としてはクレジットカードが挙げられますが、対応している国際ブランドと加盟店が一致しなければ使うことが出来ません。多くのショッピングモールやスーパーマーケット、個人商店などは複数の国際ブランドに対応することで、顧客が所有する国際ブランドに対して柔軟に対応ができます。

現金を使わないことによる顧客の利便性のメリットがありますが、第三者機関が顧客と加盟店の間に入ることで、加盟店側には手数料が発生するデメリットも存在しています。

そのため、顧客がクレジットカードで商品を購入したとしても、クレジットカード会社から一部の手数料を差し引いた利用料金が振り込まれることから、現金で取引を行うよりも収益が減額してしまいます。

インターネットショッピングでは、実店舗のように現金を直接手渡すわけではないので、多くの人が利用するクレジットカードの導入が購入率を上げる手段として利用されており、注目が集まっています。

しかし、加盟店の中には手数料を顧客に負担させるために、商品代金の他に発生する手数料を上乗せして販売を行う加盟店なども存在しています。このような顧客に手数料を負担させる行為は規約違反であり、クレジットカード会社に連絡を行うことで、利用停止になるリスクがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ