支払条件によってクレジットカードの利用店舗の対応が変わること

支払条件とは、店舗が決済の際に求める条件のことです。実店舗の場合であれば、現金はもちろん、クレジットカードや電子マネーなどの決済手段に対応していますが、クレジットカードや電子マネーであれば、その店舗が対応している国際ブランドを使っているのかという条件が揃わないと決済が出来ません。

VISAやMasterCard、JCBであれば大半のクレジットカードに対応することになりますが、電子マネーの場合には登場したてであり、ブランドなども乱雑するほど多く存在していることから、対応している店舗が少なく、電子マネーが使用可能だったとしても利用できないブランドである可能性もあるのです。

クレジットカードの場合では、日本国内であればVISA、MasterCard、JCBを所有していれば大半の店舗で利用することが可能ですが、海外旅行や海外出張などでクレジットカードを利用しようとすると、国際ブランドの対応が問題になります。

海外では当然ながら自国の国際ブランドも登場しており、加盟店などの対応がマチマチになっています。特にJCBの場合には日本発のブランドになるので、日本人観光客が多い台湾やハワイなどでは利用することが可能ですが、そこから離れてしまうと利用できなくなってしまいます。

全世界で利用が出来るVISAやMasterCardを所有している人が利用できる加盟店などが多いので、海外旅行や出張の際には複数のクレジットカードを持つことがよいとされているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ