資本構成比率で分かる会社の資本の比率と強さとは

資本構成比率とは会社の資本の比率であり、自分で出資した自己資本とは別に、株主資本や銀行などの金融機関から出資してもらった資本などが入り交じってしまうことから、その比率を割り出すことで、誰が強い権限を持っているのかを表す数字になります。

株式市場に上場している場合には、株式の51%を取得することで会社を取得することが可能になるので、M&Aなどで会社の買収劇などが行われる場合には、株式の51%を獲得することで子会社化を行ったり、出資者がオーナーとなって会社を運営したりすることになります。

特にM&Aが盛んだった時期では敵対的買収などが行われており、それを手助けするブラックナイトと呼ばれる企業なども存在しました。

会社としては株式の51%が取得されないように、より多くの株式を発行することで割合を下げたり、ホールディングスと呼ばれる持ち株会社を設立することで、買収されないギリギリの50%の株式を移行させたりなどの対策が行われました。

このような背景から資本構成比率は重要なものであり、一人の株主が多くの株を取得する動きなどがあれば、買収される危機などを感じる必要があります。

また、資本には自社が所有する自己資本と金融機関や株式などの融資による他人資本があり、自己資本の比率が大きければ多いほど他からの借入が少ないことを意味し、財務体制が強いという企業評価が行われるので、優良企業ほど他からの融資が少ないわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ