事務取扱規則における契約への同意の必要性

事務取扱規則とは、契約時に同意を行う規約の事であり、契約に関する内容やルールなどが記されています。主にクレジットカードや消費者金融、販売信用などで契約時に必要な書類であり、顧客は規約に記載されている内容やルールに同意を行わなければ、サービスを受ける事が出来ません。

同意を行うと、クレジットカード会社や消費者金融、信販会社が取り決めたルール内で利用を行います。そのため、同意しない場合には契約まで進むことが出来ないので、顧客が自分に合った内容やルールを取り決めている金融機関を選ぶことになります。

もし、利用中に規約を破るような事を行った場合には、罰則金やサービスの利用停止などの処置が行われ、信用が出来ないと判断されるので、個人信用情報機関への登録などの処罰が行われる可能性が高いです。これにより、他のクレジットカード会社や消費者金融、信販会社を利用出来なくなる可能性も浮上してくるのです。

これらの処置の内容は各金融機関によって異なっており、前提としてはルール内での利用が顧客に求められています。クレジットカードや消費者金融などの金融機関以外でも、契約を結んでサービスを受ける場合には、事務取扱規則への同意が必要です。

企業側としても事前に決めたルールを顧客に同意してもらうことで、今後の取引に対してトラブルが生じた際に企業側の責任を軽減するとともに、顧客との友好な関係を続けるために必要なものとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ