Javaカードによるクレジットカードのセキュリティシステムの構築

Javaカードとは、VISAのクレジットカードに採用されているICチップ技術の一種です。コンピューターで利用されているJava言語によって、システムを構築することが可能になるのが特徴です。

クレジットカードであれば、加盟店に設置している信用承認システムから、データベースやクレジットカード発行会社が利用しているシステムなどを、Java言語によって構築を行うことが可能になるので、Java言語を利用している機器であれば幅広い対応を行うことが出来ます。

また、セキュリティ面での高さも特徴的です。ICチップ内に複雑な処理を行ったデータを保管することで、第三者からの解読を難航させて突破を難しくしています。また、ICチップ内に処理能力を持たせることにより、正規の機器による読み取りなのかどうかを判断させることも可能です。

スキミングなどの犯罪に遭遇した場合には、ICチップ自身が正規の処理を行っていないと判断を行う事で、管理しているデータを開示させない仕組みになります。
これにより高いセキュリティ性を持っていることから、クレジットカードなどでもこの仕組みが取り入れられています。

また、アメリカ国防省では証明証として採用されています。他には、会社の社員証として、会社への入退出時にセキュリティのカードキーの役割などを兼ねさせることで、企業に見知らぬ第三者の進入を防ぐ機能や、出退勤の状況を調べるタイムカードの役割を持たせるシステムなどを構築することも可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ