集金代行業務による店舗の代わりに集金を行うこととは

集金代行業務とは、販売店の代わりに顧客から商品の購入代金や、サービスの利用料金を集金する業務のことです。主に通信販売やインターネットのサービス料金の支払いなどで利用されており、クレジットカードはもちろん、銀行振り込みから、ペイジー、コンビニ払いと、多種多様の決済サービスに対応しています。

特に、インターネットで展開をしている個人経営のオンラインショップなどで利用されており、クレジットカードの加盟店申し込みから着払いの手続き、銀行振り込みのために専用口座を作ると言った手間を解消するために、サービスが行われています。

一定の手数料を支払う事にはなりますが、多種多様の決済サービスを1契約で導入することでき、顧客の利便性向上によって集客率アップを狙えるのです。
クレジットカード決済システムを導入すると、どうしてもコストが大きくなってしまいます。

VISAやMasterCard、JCBなどの多様な国際ブランドへの対応はもちろん、信用情報端末の導入、利用者のクレジットカード決済に対するネガティブリスクなどが発生するのです。そこで、これらを集金代行業務に任せれば、リスクを軽減させることが可能です。

また、コンビニ払いなども個人でシステムを形成することはほぼ不可能であり、既にシステムを形成している業者に依頼を行う事で、クレジットカードを所有しない顧客の利用を見込めます。このようにして、小さな店舗でも複数の決済サービスを導入することが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ