イギリスで行われている住宅金融組合と日本での住宅金融支援機構

住宅金融組合とは、イギリスにおける住宅ローンを提供する金融機関の組合や組織です。現在では60社の住宅金融組合が存在しており、労働者の貯蓄を持ち寄ってローンの提供を行う事が可能になりました。これにより、顧客はローンを借りることで家や土地の購入費を入手できるようになったのです。

日本では住宅金融支援機構がこれに該当しており、銀行のローンなどもあるので、これらの金融機関の融資を受ける事によって、家や土地の購入費を入手することになります。

支援機構は国土交通省、財務省の管轄で、銀行などの民間金融機関による長期、固定金利のローンの供給を支援する証券化支援業務、住宅融資保険業務、民間金融機関で対応が困難な融資業務などを行います。

ローンを組む際には、多くの人が身近な銀行からの融資を求めることになりますが、その銀行で断られた場合などに対応するものです。元々は住宅金融公庫があり、35年のローンサービスであるフラット35が主力商品となります。

銀行や地方の信用金庫よりも金利が低く設定されているのが特徴で、国の機関が管轄を行っているので、審査なども比較的に通りやすくなっています。

以前には住宅関連の融資専門会社として、個人向け融資を中心とした業務を行う貸金業者が8社ありました、しかし、バブル景気で投資を行った結果、バブル崩壊後に不良債権を抱えてしまい、倒産が相次いだのです。現在では、農林系の組合しか残っていません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ