充当順位による借金の返済方法とリボルビング払い

充当順位とは、貸金業者から融資を受けている際、返済に滞った場合に支払える金額に充てられる順位のことです。その順位は、遅延損害金、利息金、過不足金、元金となっています。

例えば、毎月1万円の返済を行う際に5千円しか支払えない状況になった場合に、債権者に相談を行って5千円の支払いで進めてもらうことにします。この場合、5千円は優先的に利息金に充てられ、過不足金で使い切ってしまえば元金自体は減らないことになります。

また、支払い日が遅れてしまった場合には遅延損害金が発生することから、元金から遠くなってしまうわけです。早期に返済を終了する場合には1回の支払額を多く設定する必要があり、元金の金額を減らさないとなりません。

クレジットカードや消費者金融でのリボルビング払い方式での返済でも、この充当順位によって成り立っており、融資を受けている元金自体が翌日にスライドしていく仕組みなので、利息分が膨れ上がってしまいます。

そのため、月々の支払額全てが利息で終わってしまうことにもなりかねません。
これでは元金が減ることがないことから、終わらない借金になってしまうため、多重債務状態に陥れば自己破産などをしてしまう恐れがあります。

これがリボルビング払い方式の怖いところです。リボルビング払い方式を永遠に繰り返してしまうと、利息も返済できない状況に追い込まれてしまいます。クレジットカードや消費者金融は、計画的に利用しなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ