自由返済限度における債務の返済方法の利便性とは

自由返済限度とは、消費者金融、銀行のローンサービスなどで採用されている返済方法の一種です。これは事前に設定された最終完済日までに、債務者の自由に返済を行えるというものです。

例えば、半年後に最終返済日が設定されている場合には、最終日に全額を支払うことも可能であれば、債務者が金銭に余裕があるときに少しずつ支払いを行ったり、毎月一定額を支払う、などといった返済する方法を、債務者に任せることになります。

金利に関しては2種類あります。完全自由返済制度の場合には、金利・融資元金を含めた金額を自由に支払う事が可能ですが、利息だけ毎月支払う制度の場合には、金利だけは毎月義務として支払うことになり、元金の返済だけが自由になります。

これらの種類は、取り扱う金融機関によって異なっており、消費者金融や銀行のローンサービスを選択する際には注目しておきたいポイントです。金利の計算方法としては、返済期間見直し方式が採用されており、これは融資を受けている期間が長引くほど金利が膨れ上がる仕組みです。

つまり、完済を早期に行えば金利を低く抑えることが可能で、最終日に完済を行った場合の金利と比較しても、早期に支払いを行った方が余計な利息を発生させずに済みます。このように、債務者は利息の計算や自分の支払い能力に考慮して、自由に計画を組み立てることが出来る特徴がありますが、逆に最終日にまとめて支払おうとする無計画な考えを持ってしまうと、滞納しかねない一面もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ