重利による金利に金利が加わる利息の計算とは

重利とは、発生した金利を元金に組み込む事であり、複利とも呼ばれています。一定期間に発生した金利を元金に組み込むことで、元金自体は膨れ上がりますが、金利の割合自体は一定期間ごとにリセットされるので、金利自体は上がりません。

主に住宅ローンやキャッシングなどで使われている金利の計算方法であり、元金が膨れることで借金に対するマイナスの効果も発生します。金利が金利を生むので、長期的に利用するほどデメリットが強くなってしまう一面もあるのです。

逆に利息を元金に含まずに、利息だけが返済期間に応じて膨大化していく計算方法は単利と言います。これは元金に対しての利息が計算されるだけなので、長期的に利用する場合には重利の方が利息総額が大きくなってしまい、返済金額の総額としても増えてしまうのです。

これらの利息の計算方法は、クレジットカード会社や消費者金融、販売信用、銀行などの貸金業者によって異なっており、多くの金融機関では重利の方が採用されていることから、長期的に利用する場合には注意しなければなりません。

雪だるま方式とも呼ばれており、一度転がってしまえば巨大化してしまい、リボルビング払いもこれに該当します。長期的に利用してしまえば返済が出来ないくらいに膨れ上がってしまうことから、毎月の返済を行ったとしても利息分だけで終わってしまい、元金に届かない状態になってしまいます。このため、計画的に使うことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ