照会を使うことで安全にクレジットカードを使用する

クレジットカードを利用する際には、信用照会を行わなければなりません。これはオーソリゼーションと呼ばれており、クレジットカード会社のデータベースに照会を行うことで、顧客が提示したクレジットカードが正規に利用できるものなのかを判断してもらう必要があるわけです。

利用できないクレジットカードのデータは、無効通知リストと呼ばれるデータベースにて管理が行われています。紛失や盗難に遭遇した場合や、支払いの滞納によって強制解約が行われた、利用することが許されないクレジットカードの情報が登録されていることから、加盟店でオーソリゼーションを行うことで、不正な決済を行わせない仕組みになります。

これらは照会番号にて管理されており、オーソリゼーションを行う際にはこの番号を使ってデータの通信を行います。偽造などで製造する場合には番号が分からないので、簡単には偽造することが不可能になっています。

不特定に番号を製造して利用した場合でも、数千回と特定のアルゴリズムにより計算された番号に該当することが難しいので、クレジットカードの偽造防止にも役立っているのです。これにより、持ち主以外の第三者が勝手に編み出した番号では、利用が出来ないというわけです。

インターネットテクノロジーの進歩により、加盟店のほとんどはオンライン通信によるオーソリゼーションシステムの導入が行われており、高速回線を利用することで、スムーズに決済まで行えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ