承認番号によるクレジットカードの承認とは

承認番号とは、オーソリゼーションコードと呼ばれているものです。クレジットカードで買い物を行う際には、加盟店側はクレジットカード会社に対してオーソリゼーションを行わなければなりません。

これは信用承認というもので、加盟店側は顧客が利用しているクレジットカードが、正規に利用できるものなのかを確かめる必要があります。そのために、信用機器にクレジットカードを通すことでデータベースにアクセスを行い、無効通知リストに登録されていないのかを確かめる必要があるのです。

無効通知リストには、紛失や盗難によって無効になったものから、支払いの滞納で強制解約が行われたものなど、使用することが出来ないクレジットカードの情報を集めています。オーソリゼーションの際には、この無効通知リストに登録されていないのかを確かめなければなりません。

このリストに該当せずに、加盟店側に利用の承認を許可した番号が承認番号となります。このようにして、加盟店側としては有効なクレジットカードだけを利用することで、トラブルなどを事前に回避することが可能であり、無効になったものを利用されると起こりうる損益を回避出来ます。

昨今では、オーソリゼーション自体が一般的になっており、通信回線の技術の発達によって即座に行えるようになりました。顧客側としてもクレジットカードを渡して機器に通した際にはすぐに承認が行われているので特別に待つ時間などもなく、スムーズな買い物が行えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ