消費者とクレジットカード会社との信用関係とは

消費者とは一般的には顧客が該当しており、消費者金融産業では、消費者の信用を担保にして現金の融資を行うビジネスと言えます。つまり、顧客自身の信用によって融資を受けられるのかどうか、受けられるとすればどのくらいの金額を融資してもらえるのかを決められることになります。

ここで個人信用情報機関が登場して、複数のクレジットカード会社から信販会社、貸金業者などの金融機関が同じ顧客のデータベースを利用することで、信用に関する審査をチェックします。他のクレジットカードで支払いの滞納などが発見されれば、新規申し込みの段階で却下する事も可能です。

もしすでにサービスを提供している段階でも、返済できる能力がないと、停止する場合などもあります。これにより、金融機関における顧客への融資リスクを軽減させることが可能であり、信頼が出来る顧客のみを相手にすることで、利益の確保を行うことができるのです。

顧客側としても信用は重要な要素であり、信用を失うとクレジットカードや貸金業でのサービス利用停止に追い込まれる場合もあります。しかし、逆に信用を得れば、融資枠の拡張やお得意様としてゴールドカードなどが案内されます。

この利用実績によって、他の金融機関での融資を申し込む際などでも、優良顧客としての取り扱いが行われるので、審査などがクリアしやすく、最初の融資枠の設定など、通常の申し込みと比較しても優遇される一面があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ